Dam-Funk(STONES THROW) LIVE

PROFILE

西海岸が誇るモダン・ファンクの伝道師デイム・ファンク。
90年代から西海岸のGファンク・シーンでスタジオ・ミュージシャンとして活躍し、ビンテージ機材を駆使した独自のモダン・ファンク・サウンドを確立。
西海岸のトップレーベル「STONES THROW」に加入。2009年にリリースされた5枚組のLPのデビュー・アルバム「Toeachizown」がきっかけで注目を集める。以降、数多くのEPをリリースすると共に世界各地でギグを行い、伝説的ウェスト・コースト・ラッパーのスヌープ・ドッグとのアルバム『7 Days Of Funk』やスレイヴのフロントマンだったスティーヴ・アーリントンとの『Higher』など、音楽史に名を残す名作を次々と発表。世界的な地位を絶対的なものにした。
2015年には自身名義としてはおよそ6年ぶりとなるアルバム『Invite The Light』を発表。盟友スヌープ・ドッグやQティップ、Pファンクでの活動で知られるジュニー・モリソンやレッドホット・チリ・ペッパーズのフリー、キッド・シスターなどの豪華ゲストを迎えた話題作を発表し音楽チャートを席巻。
そして2016年5月には、名門レーベル!K7のミックスシリーズ「DJ KICKS」に抜擢され、絶好のタイミングでの来日が決定した。